フェンシングって??

​「フェンシングってどんな感じか言ってみて」

と友達に言われたらどうしますか?

 

​たぶんほとんどの人は、「一対一で、真っ白の全身タイツをはいて、こうやるスポーツ」と言いながら、お茶碗を持つ手を肩に乗せて、お箸を持つ手を自分の体から正面のほうへ前後させると思います。

​でもそれ、実は  違うんです!!

そもそも、フェンシングとひとくくりに言っても三種目あることを知っていますか?

​あまり詳しく知られていないフェンシングというスポーツについてここでは説明していきます。

フェンシングの試合

フェンシングは中世ヨーロッパの騎士たちの剣術に由来する騎士道精神にあふれるスポーツです。

フェンシングで使用する武器、つまり剣は本物の金属で作られています。

なので、もし仮に全身白タイツでプレイすれば間違いなくけがをします

上の写真を見ればわかるように、けがをしないように安全な装備をしてプレイをします。安心してください

上の写真からはほかにもわかることがあります。二人の選手は剣を相手に突き立ててはいません。

ろうとしているのです!

フェンシングには剣をつく動作のほかに多種多様な攻撃動作があります。

ほかに、剣の形を見てください。HPの表紙の剣と形が違うのに気が付きましたか?

そうなんです。実はフェンシングは剣の形によって三つの競技に分けられているのです。

それぞれの剣の特徴やプレイスタイルによってルールも少し違ってきます。

・フルーレ

 フルーレの攻撃動作は”突き”です。相手の胴体を狙って突きます。

・エペ

 エペの攻撃動作は”突き”です。フルーレと違う点は剣の形と有効突部です。

 有効突部は(人体の)全身です。

・サーブル

 サーブルの攻撃動作は”突き”、”斬り”です。(一番上の写真はサーブルです)

 有効打突部は頭も含めた上半身です。

日本フェンシング協会公式サイトにかっこいい紹介動画が掲載されているのでよろしければご覧ください。

公益社団法人 日本フェンシング協会 公式サイト > フェンシングについて http://fencing-jpn.jp/about/

DSC_8135_01.jpg
DSC_9006.JPG
DSC_7474.jpg